シルバーアロワナの基本とカラータイプ(ブルー/レッド)やショートボディの違いとは?

シルバーアロワナのカラータイプ

たまーに見かけるシルバーアロワナの「カラータイプ/type」といわれるやつ。

これって正直どういう個体なの?って思っている人もたくさんいるかと思いますので、しっかり正しい情報を提供していきたいと思います。

そもそもそんなの見たこともない!って人も多いかと思いますので、まずは元となっているシルバーアロワナの基本スペックについて改めて簡単におさらいしていきたいと思います。

シルバーアロワナ

シルバーアロワナとは

アマゾン川に生息しているアロワナで、他のアロワナと比べても細長い体型です。

みればわかりますが、体の半分近くある尻びれや背びれが特徴です。

1億年以上も前から生きているといわれ、正に「生きた化石」であり、古代魚の代表的存在。

アロワナの中でも最もポピュラーな種になり、初心者がアロワナ飼育に選ぶ最初の一匹に相応しいといえます。

銀白色を基調とした体色に、しなやかに優雅に泳ぐ姿は大変美しいです。

飼育下でも1mになる大型魚で、アロワナの中でも最大級クラスです。生息地では釣りや食用としても非常にポピュラーです。

他のアロワナと同様で口は上方に向かって開き、主に水面に浮かんだ昆虫やエビなどの甲殻類、小魚などを食べます。

シルバーアロワナの値段と成長速度

シルバーアロワナの値段や飼い方

ブリード個体も安定し、アロワナの中で最も価格が非常に種です。幼魚だと1500円前後から販売されています。

しかし初心者だからこそ注意したいのは、成長がとくに早い種で、最大サイズも大きいことから、終生飼育のためには最低でも1500mm×800mm以上は必要になってきます。

10cm前後の幼魚を買ってきても、手塩をかけて育てれば翌年には30cm近くまで成長することも。

10cmであれば250mm×250mmの水槽でも飼えますが、翌年には900mm×450mmの水槽が必要となり、さらに翌年には1200mm×600mmの水槽が必要になります。

つまりシルバーアロワナ自体はとても安くて買える魚ですが、その飼育にかかる設備費用は安くても10万円以上を費やす大がかりな飼育設備が必要となります。

そして、狭い水槽で育った本種は眼球が下方を向いてしまう「目垂れ」という現象を起こしやすくなり、体型もいびつとなります。

「ショートボディ」とは?普通と違う?

シルバーアロワナ ショートボディー

シルバーアロワナに関わらず稀に「ショートボディ」という名で高額な値段で販売されている個体がいます。

大型魚の風貌はそのままで、見た目は可愛らしい外見です。

とくに通常個体よりも流通が非常に少なく、整ったプロポーションの個体も少ないので「希少価値」があり、高値で取引されています。

このあたりは買い手がいくらで買いたいか?というところに委ねられると思います。

飼育のポイント

飼育のポイントとは

シルバーアロワナは幼魚サイズの時は水質の急変に注意する必要があります。

とくに水槽導入時と換水時には十分な注意が必要です。

人工飼料、生餌のどちらも良く食べ、成長も非常に早いです。

「浮上性」のエサやコオロギなどの昆虫が最も適した餌とされています。

値段も手ごろで気軽に飼育が始められる種ですが、大型種であるということがポイント。

水槽から飛び出す力が強いため、フタはしっかり閉め、物音等で魚を驚かさないよう注意が必要です。

成長と伴に十分な広さの水槽で飼育しましょう。

シルバーアロワナのカラータイプ/typeとは?

シルバーアロワナブルータイプ

カラータイプはあまり多くみられませんが、人工的に色素を入れた個体です。とても色鮮やかに色が入っており、魅力的な種です。

ここまで蛍光色が綺麗に入るカラーバリエは人口着色だからこその魅力ですね。

シルバーアロワナに人工的に色を入れているだけなので、成長するにつれ色味が薄れるということもあります。

色が完全に抜けるかどうかは個体差にもよりますし、色味の入り方も個体差で若干異なります。

レッドタイプ アロワナ

また、スレて鱗剥がれなどがある場合も、再生時に色が薄くなることがあります。

色の抜けがやはり気になるところではありますが、成長とともにどんな状態になるかは「成長してからのお楽しみ」ってやつです。

個人的には成長後も通常のシルバーアロワナと完全に同じ色にはならない(抜けきらない)と思いますね。

いずれにしてもコンスタントに入荷するタイプではないので、狙っている人は、入荷を見つけた時が買い時だと思います。

相場は5千円~8千円ほどですが、お店により値段差が著しい種です。

⇒こんな感じの他の記事みる?

シルバーアロワナのカラータイプ