トップへ戻る
2016/12/03

チャンナ・バルカ旧アンフィビウス

みなさんこんにちは!スネークヘッド大好きRoさんです。なぜにここまでスネークヘッドに魅せられるのか。どこにそこまでの魅力があるのか?

いやー自分でもわかんない。でも気がついたら「スネークヘッド」という魚なのにヘビのようであり、カエルでもあるキュートなフェイスにやられました。

もちろん美しくも優雅に泳ぐその仕草にもやられています。気分で変わる体色。そして豪快なえさの食べっぷり。飼育者になつくキュートなダンス。

これはただの魚なんかじゃない。他の熱帯魚ではなく「スネークヘッド」。

そのスネークヘッドの中でも最高峰と呼ばれている種がいます。それがこのチャンナ・バルカ(旧チャンナ・アンフィビウス)です。

アンフィを旧とかつけて呼んじゃっていますが、日本で流通する時に誰かが勝手に間違えて名前をつけて、それが独り歩きしてアンフィビウスとか呼ばれていましたが、元から現地ではそんな言い方はしていないそうです。

このスネークヘッドは「泳ぐ油絵」といわれているほど美しく、個人的には「泳ぐ宝石」といっていいほど、光を当てるとその反射でエメラルドグリーンをメインに、イエローブルーとさまざまな色に輝き、驚くほど美しいです。

20161129_01

バルカを買うまではバイオレットが同レベルに美しく、ド派手な体色をもっていると思っていましたが、いやいや、やはり王様と呼ばれるバルカの美しさはバイオレットを遥かに凌ぐ美しさです。

こんな素晴らしい魚でも、ストレスを溜めこむ入荷時、移動時は体色がほぼとんで元の色がなくなります。これもスネークヘッドの面白いところです。

環境に馴染むことで本来の美しい体色が姿を現します。

20161129_03

「チャンナ・バルカ」この美しい魚をアテに酒が飲めます(笑)あなたも飼ってみてはいかがでしょうか??

⇒こんな感じの他の記事みる?