トップへ戻る
2016/08/12

アクアリウムの魅力とは

突然ですが、あなたは「コケリウム」ってご存じですか?

今そのコケリウムというものが、作り方が超簡単でかなりキテいるということです。そして、初心者でも簡単に作れることから、みなさんのハマりっぷりがヤバイです。

コケリウムというのは、コケを使った「テラリウム」のことです。

またそのテラリウムというのが、透明な容器を使って植物や動物を栽培、飼育することをいうのです。つまり、コケリウムをしながら陸上生物を同時に飼うことができちゃいます。

もちろん、コケの飾りだけでも十分楽しむことができます。

コケリウムとはそもそもなんなのか?

コケリウムとは

コケリウムとは、透明な容器を使ってコケやエアプランツを使った一種のアートのようです。中にはその容器で陸上生物や水生生物を飼育している人もおり、見るだけで癒されるそんなテラリウムです。

モスとビーシュリンプ

それにしても、コケだけではなく、生物まで飼育できるなんて、どこまでもアートでなんかかっこいいですよね。

そして、材料のメインとなるコケですが、道端のコケでもいいので、運が良ければコケの分だけ材料が0円で始められることも魅力のうちの1つです。

しかし、私有地から等とってくるのはNGなので、その辺は道理を守ってください。

コケリウムは一人でも始められる!そのための材料とは?

コケテラリウムの始め方

初心者にとってもコケリウムは自分一人で始めることが簡単にできます。まずコケリウムを始めるためには、100均の透明な容器(容器なら何でもOK)、コケ、そして、コケを敷く前に引くモデリングソウル、飾りに使うエアプランツやシダ植物等、材料はたったこれだけです。

それほどお金もかからないので、初心者でも教室に通う必要がなく、気軽に始められます。一つ一つ探すのは面倒なあなたに、Amazonで種類は少ないですが、コケリウムが作れるキットの販売もされています。

こんな感じの Amazonで買う

面倒なあなたには、最初から揃っているキットで始めるのもオススメです。

コケリウムを始める前に知っておきたい2つのトラブル

いざコケリウムを始めるとなると、事前にどういったトラブルが起こりやすいのか知ることも重要です。初心者でも陥りやすい2つのトラブルを紹介します。

植物にカビが生えることがある!

コケリウムをはじめて誰もが通る道です。コケは結構丈夫なコケを使うとあまりカビが生えるといったトラブルは聞きませんが、よくコケリウムでカビが生えるのは、あなたがレイアウトしようとしているコケ以外の植物です。

植物の種類によって、日光を好んだり、多湿がダメだったりするので、レイアウトをセットする前に、どの植物だと丈夫でレイアウトがしやすいか等を予め調べることがトラブル防止につながります。

色々植物を入れて綺麗なレイアウトができても、後にカビだらけだとショックになりますよね。そうならないためにも事前に念入りに調べておきましょう!

容器の密封は基本NG!開けたままで楽しみましょう!

コケリウムで失敗しないために

コケリウムを楽しむ上でよく容器を密封して楽しむ方がいますが、初心者であるあなたにこれはオススメできません。何故かと言うと、前述につながることですが、植物にカビが生えてくる可能性がでてきます。

植物も生き物なので、扱いには気をつけましょう。容器を選ぶときには、蓋のついていないものを選ぶと、長く楽しむことができます。

初心者必見!コケリウムのオススメの苔は?

おすすめのコケや種類

コケリウム初心者にとってコケ選びも種類が豊富にあって、どれにしようか悩みます。そんなときには、管理のしやすい湿度さえあればどこでも育つ「ハイゴケ」という種類がオススメです。

このコケは、日陰を好み、湿度さえ気をつけていればすくすくと育ってくれます。コケリウムには大変多く使われる種で、コケを選ぶときにはこのハイゴケという種類を迷わず買いましょう。

応用もききやすいので、自由にレイアウトすることもできます。

まとめ

コケリウムまとめ

いかがでしたでしょうか?コケリウムを始めるのも簡単で実はここでは紹介しきれなかったのですが、ショッピングモールとかで運が良ければそういった教室にも参加することができます。

これから新しい趣味を探しているあなた!コケリウムで身も心も癒やされてみませんか?結構やりだすとハマります!生き物なので、大切にお世話してあげましょう。

⇒こんな感じの他の記事みる?